犬のミッチー虹の橋へ

犬のミッチー虹の橋へ

保護猫カフェなのにワンコもいました
3年前に、引き取りました
飼い主は我が家を入れて6件ぐらい変わってるそうです(わかっているだけです)
夫の知人が、犬飼いたいと言ったと、ほぼ同時に
近所(あまりかかわりたくないおばさん)
のところで、外に繋がれている、小型犬がいることが分かり、見に行ったら、その犬を貰い受けることに
なったらしい、きちんとした、譲渡ではありません
やる、もらうの関係でした、
夫の友人が貰うといったので
医療機関で見てもらったほうが良いし
予防注射、登録などもあるからと
説得して病院へいってもらいました、

受診したら、フィラリアが強陽性、予防接種どころでは、ありません、すぐ、投薬しなければ
厳しいとのことでした、
友人に薬を持たせ、継続、何かあったら、病院へ
とはなしてもらいました
でも、パチンコが日課のような生活しているし
薬がきれるころ
再度連絡したら、金かかるからいかんよっと
直ぐに夫にいって
ミッチーを引き取ることにしました

それからが、、、最初の医療機関の話は
フィラリアがいるからとしか
きいてなく、またこちらで近隣の病院受診した
とんでもないことが
エコーで気管支見たら、虫がいきていて
このままでは、一両日で最悪命落とすと
一週間毎日注射に通い、予防薬月2回
強心剤、気管支拡張剤など
5〜6種類の投薬治療が始まりました
これが、治るまで、予防接種はできないと
半年クールで、検査が始まりました

ようやく今年に入り、フィラリアが陰性になり
しかし長い間、気管支と心臓ん痛めたため
気管支虚脱になり、一進一退くりかえしていました、
最近では、薬も飲まなくなり、拒否
予防薬だけは、おいしいのか、たべてました
咳が止まらず、苦しそう
外に出るのも嫌になり、部屋にとじこもって
寝ていることが多くなり
昨日、誰もいない部屋でなくなってました
夫が発見
主にお世話は、夫でしたから

この子をみていると、なんのために、うまれてきたのか、
ポメラニアンとプードルのミックスでした
小さい時はかわいかったとおもいます
今でも可愛いのに
でも可愛いだけでは、何もすることもせず
後半は苦しんでいたとおもいます
年齢は不詳、3年前に来た時は、9歳から、12歳の高齢といわれてました

若い頃は、どんな生活で
何度も飼い主が変わり、
いたたまれない気持ちです
昨日亡くなって、葬儀屋さんに引き取っていただき
合同葬になります

ミッチー虹の橋で元気にはしってねー
バイバイ、

キナコトライアルへ行くかな

昨日譲渡会でした
2匹目ということで、キナコに声がかかりました
うまくいくとよいなあー

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。