リボンちゃん正式譲渡

リボンちゃん正式譲渡

苦情処理について

昨日リボンちゃんが、正式譲渡になりました、

伊江島から、3匹子猫引き取って
このリボンちゃん、左手に障害があり
関節付近褥瘡のようになり、名護の病院似て入院治療後我が家にやってきました、
手の障害なんて関係ないと思わせるぐらいの
活発な子、でも何処かで譲渡諦めてる
自分もいました、
しかし、最初に目が遭い、この子だと
思ってくれた、ご夫婦のところへ
わざわざペット可のアパートへ、お引っ越ししていただき、迎え待ちきれないぐらいの
トライアル、そして譲渡へとなりました、
幸せになってね、おめでとう
新しいパパさんと同じ誕生日になった様です
とても受け入れて良かったと思った瞬間でした

さて、苦情処理についてです
今回地主さんから、お店に来たお客様さまの車
駐車しても良いと許可貰った空き地
近隣の車ももちろん止めてよいところですが
変なオジサンがいて、一度物損事故おこしてから、
ここのある場所に止めたら、お客様に
罵声をあびせたりします
昨日も玄関先で、言い合いがあり
私もまけられないので、参戦
其の後多分、勢いで、市の環境課へ
連絡したであろう
職員が、2人苦情があったとチラシ

をもってきました、
増えない様に避妊手術してくださいね
餌やりしないでくださいね、おき餌も
糞尿処理も、
はあー?外猫はサクラ猫、自分の敷地内でやってます
時間見て便の処理しています、
52匹いるうち、子猫以外手術済んでます
反対に市への苦情もこちらで処理していること
次回から回しますねと言ったら、何も言いませんでした、チラシ持ってきて説明だけなら、誰でもできます
っと、いいました、

まだまだ、市はこう言う対応しかできないのです

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。