現場は大変

現場は大変

お客様がきてくれました

今日は朝から予定が狂ってしまいました

夢の中で、猫が何匹が脱走した夢
起きたらケージが何台か、空いていた、
展示室から、外にでるっていうことは、まずない

きっと何日かケージを解放しなかったためか?
出たかったかもしれない
でもこの子たちは、油断できないのです

粗相しまくり、またケージに戻すのが
大変だー
粗相した時、私は叱るから余計 
逃げてしまうし、入るまでに、びびって
粗相してしまう、捕まえた跡がたいへん、
何処に物があるか?確認しなければならない
ケージからだしたのは、犯人夫!
余計なことしてくれたっと思った、

時には猫たちには、怖いおばさんになってしまう

トライアル行って戻ってきた子に多い
ストレスがかかるからだと思う、

だから難しいのです、戻って安心とは、言えないし
感情がある、動物だとおもうからです
綺麗事で済まされないことも
多頭飼いには、ある

口だけ、書くだけでは、大変さは、わからないと思う
現場は、必死なんです、

そんな時モフモフシロ君が
所狭しと、いました、

昨日は、あの雨の中、わざわざ、お客様が、
今は飼える状況ではないけど
飼いたくなった、って帰っていきました
ありがとうございます
接してくれたのは、

ヒカル君

イブ君でした

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。