ちゅぱちゅぱ族

ちゅぱちゅぱ族

またもや

先日動物病院の先生に仔猫シーズンも少しづつ落ち着いたので
しばらく受け入れしない事を話していました。

しかし…車に戻ったら着信

保護主様はお若いのにどうしたらいいのかなど真剣にお話してくれました。

当店では、現在順番待ち

しかし…
状態を聞くと
母猫もそばにいない
目が塞がっているみたいと

炎天下の中
体力がもたない

筑豊地区は
団体さんが少ない地区

預かりさんや気にかけて下さる団体さんが手を差し伸べてくれていますが
どこも大変な時期です。

目が塞がっているなら
病院にお願いしますと一旦お断りしましたが

やはり気になり主人に相談

助からないかも

受け入れよう…

保護主様は出たばかりのお給料を手に初期の医療費をご準備下さいました。

この初期医療費がかなり大変なんです。
血液検査、便検査、駆虫薬
1回目のワクチン等など

他の子にも感染させない為に必要な事。

そしてとうとう来ました!

3匹のちゅぱちゅぱ族

思った以上に小さい
これは…

ミルクちゃんではないですか(o・・o)/

1匹は、左の顔が腫れています。
急いで塞がっている目を拭くと

目やにが取れて
緑色の膿が多量に出てきます。

どうか
見えますように🙏

膿が出る度にみるみるうちに
顔の腫れが引きます。

そしてつぶらな瞳が
きらきらした瞳が現れました。

良かった!大丈夫!

後は、コクシジウムと言う虫がお腹の中に
ノミも大量

さぁ
ちゅぱちゅぱ族

元気になって新しい
優しいお家をみつけようね

保護活動されている方皆が思う事

命の大切さ

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。