不幸な野良猫仔猫を増やさない

不幸な野良猫仔猫を増やさない

行き場を無くす猫達

多頭飼育崩壊…数年前から度々ニュースになってます。

この多頭飼育崩壊には幾つかの理由があります。

①飼い主の無知による近親交配の多頭飼育

②外猫に未手術のまま御飯を与える人

③は②にプラスで近隣住民から『餌やりするな!そんなに餌やりしたいなら家で飼え』と言われ御飯を食べに来る未手術の猫を家に入れた人
等々…理由は様々ですが、主に高齢者の方が多頭飼育崩壊を起こしています。
これから先もきっと増えていきます。

とある私の知人で保護活動を始めたばかりのAさんは最近 近所に見かけない猫が増えたと…
突き詰めていくと自宅近くのアパートに住んでいたお爺さんが入院して亡くなったとの事…
亡くなったお爺さんに飼われていた猫達は アパートに取り残され亡くなった子も居るそうです。
独居高齢者の多頭飼育は危険です。

餌やりさんの中の半数が高齢者の方です。家に沢山の猫が居ても、可哀想だからと言い、違う場所に野良猫が居ると聞けば、散歩がてら遠方にでも餌やりに行く人もいます。

介護施設に入所したり病気で入院したり…いつ来なくなるか解らない高齢者の餌やりさんを見つけたら 是非 話しかけてください。

そして地域の愛護団体にダメ元で相談してみてください。保護は無理でも地域猫活動している方は必ず居ます。
行政へ一緒に相談して欲しいとお願いしてみるのも良いかと思います。

未然に行き場を無くす猫達を守るため
30代〜60代くらいの私達ができる事を協力しあって救いましょう!

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。